彼氏が欲しい
彼氏が欲しい トップ

彼氏が欲しい

会社のお昼休みに、いつもどおり同僚とご飯を食べていたら、その中の一人が「○○先輩(男性)、付き合っている人がいるらしいよ!」と言い出して、ランチ中はその話題で持ちきりでした。

○○先輩は、営業にいる男性なのですが、営業成績も芳しくて、かつ容姿端麗。まさに、神が二物を与えた最高の例なのです。

そんなわけで、直接のつながりがない私たちのような女子社員の間ではちょっとした有名人だったかもしれません。

彼氏が欲しい: http://karesha.html.xdomain.jp/

その先輩のことがとりたてて好きだったわけでもないのですが、でも、彼女の存在はそれはそれでわたしにとってもショックでした。

社会人になってからは、出会いという出会いがなくて、その先輩くらいが私をときめかせてくれていたのです。その貴重な存在を失ってしまって、私はときめき先がなくなってしまいました。

ドラマや映画のように、社内で素敵な男性に出会えるというのは実社会ではまずありえません。

出会えるのは、頭がはげかかった脂っぽい中年男性ばかりなんですから。

ページの先頭へ戻る